〈企業・経営者の方へ〉よくある法律相談と質問

顧問契約

 法人や個人事業の顧問契約のご相談に応じます。

 現代では、とりわけ、企業がコンプライアンスルールを遵守することが求められています。

 中小企業や、個人事業においても、社会から歓迎される企業運営を行うためには、事業活動中のトラブルを未然に防止して、適切にリスクマネジメントがなされることが必要です。

 各種契約の締結はもちろんのこと,店舗などの賃貸にまつわる問題,事業の運営、債権の回収,苦情の解決といった、さまざまな局面で、法律的な視点を得ることが有用です。

 普段から、法律の専門家である弁護士との顧問契約を結んでおくことで、気軽に相談ができる関係を結ぶことができ、また、適宜、必要な法的な知識を得ることが可能となります。また、実際にトラブルが発生してから信頼できる受任弁護士を探すのは意外に大変なことです。

 顧問契約について、具体的なお話しをお聞きになりたい場合には、お気軽にお問い合わせください。

このページのTOPへ

契約書の作成

 各種契約書の作成については、極力、将来の紛争を未然に防止できるように配慮されたものであること、他方、内容が理解しやすくわかりやすいものであることなど、さまざまな観点から検討がなされる必要があります。

 契約の作成はもちろん、契約を締結する前に、事前にご相談ください。

このページのTOPへ

取引に関する法律相談

このページのTOPへ

会社の整理

このページのTOPへ

破産の申立

このページのTOPへ

はじめての方へ

 横浜法律事務所は、1963年6月に設立され、今年で54年を迎えます。現在、13名の弁護士が所属しています。
 弁護士の役割も多様化している現代、所員が取り扱う分野も多岐にわたっています。
 時代は移り変わりますが、私たちは、昔も今も、真摯に事件に向き合いながら、歩んでいます。
 どうぞお気軽にご相談ください。