弁護士紹介

弁護士 横山 國男(よこやま くにお)

略歴

熊本県生まれ。
1962年4月 弁護士登録
1987年度 神奈川県弁護士会会長

故 陶山圭之輔、故 三野研太郎とともに横浜法律事務所を設立。

趣味

ゴルフ、囲碁、読書

このページのTOPへ

弁護士 小島 周一(こじま しゅういち)

略歴

1981年3月 東京都立大学(現首都大学東京)法律学科卒
1984年4月 弁護士登録

弁護士会等の活動

(弁護士会)
2001年度 神奈川県弁護士会副会長
2002年度 日本弁護士連合会理事
2011年度 神奈川県弁護士会会長
2012年度 日本弁護士連合会理事

(弁護団等)
1989年~1997年 坂本弁護士と家族を救う全国弁護士の会事務局次長
2007年~2009年 日本労働弁護団幹事長

著作・論文等

「おかあさん 幼稚園なくなるの?」(白石書店)
「刑事弁護の技術」(共著 第一法規)
「知ろう!使おう!労働契約法」(日本労働弁護団)
「君たちに伝えたい神奈川の裁判」(共著 神奈川大学入門テキストシリーズ)
朝日新聞 私の視点「ワークルール教育で備えを」他

ひとこと

 小学校2年生から、野鳥の観察日記をつけて、「鳥の学者になるんだ」という志をもって高校3年の夏まで過ごしましたが、紆余曲折の末「自然が好きな弁護士もいいじゃないか」と法学部に進学。大学時代は中学からのサッカー部とバイクツーリングを楽しみ、4年から司法試験を始めました。
 「真面目に暮らしていても、真面目に働いていても、法律を知らないために不当な仕打ちを受けたり損失を蒙ることがある」そんな事件が身近で起こったことにショックを受けたのが鳥の学者から法学部、法律家に転身したきっかけです。
 司法試験を始めるとき私は、「法律家にとって大切なことは、事実を見抜く目と人を好きなことだ」と思い、それを文書にして先輩たちに配りました。同時に、「事実を見る目には自信があるが、自分は人間が嫌いだ。司法試験に受かっても人間が好きになるわけじゃないので、それは自分の一生の課題だと思う」とも。
 弁護士になり、ずいぶん経ちますが、私が一番良かったなと思うのは、様々な事件に関わり、様々な人に触れる中で、弁護士を目指した頃の私より、そして弁護士を始めた頃の私より、今の私の方が、「人間っておもしろいな、人間っていいもんだな」と思えるようになったことです。
 これからもその初心を忘れずに仕事をしていきたいと思います。

コラムなど

労働問題に寄せて『六本木ヒルズでワークルール教育推進法を語る』

『ワークルール教育推進法を~』

『強きを助け、弱きを挫く』

『神奈川大学の本に執筆しました。』

『労働審判制度』
 ―「迅速に」と「現場感覚」がこの制度のキーワード泣き寝入りしていませんか?

このページのTOPへ

弁護士 三木 恵美子(みき えみこ)

略歴

山口県立岩国高等学校卒業
東京大学法学部公法学科卒業
1989年 弁護士登録

諸団体の活動

「弁護士会の活動」
2004年度 神奈川県弁護士会副会長
2011年度から 神奈川県弁護士会裁判官評価検討・弁護士任官推進委員会委員(現職)
1989年度から 神奈川県弁護士会人権擁護委員会委員(現職)
2011年度から 日本弁護士連合会弁護士任官推進センター事務局(現職)
2009年度から2012年度まで 神奈川県弁護士会綱紀委員会委員

「その他の活動」
2005年10月から2009年9月まで 家庭裁判所調停官
2003年9月から 特定非営利法人女性の家サーラー理事長(現職)
2000年度から2003年度まで 神奈川県精神保険審査会審査委員
2005年度から2007年度まで 横浜国立大学法科大学院非常勤講師

ひとこと

 私は、山口県岩国市において、ベトナム戦争に従事した米兵が一時休暇の期間中に基地周辺住民に様々な被害を及ぼすのを見て育ちました。父親が知れなかったり、日本国籍が取れなかったりする同級生がいました。他にも、生まれてくる本人の選択の余地なく差別を被る友人がいました。また、近所には、広島に投下された原爆の被害を受けた方々が多数住んでおられました。
 私は、国の政策を作る側に立つよりも、国の政策に翻弄されつつも、自分の人生を歩み、家族や友人隣人を護る立場に立つことを決意し、弁護士という職業を選択しました。
 1987年に、修習生として横浜弁護士会に配属され、本流のように新規入国する外国籍の市民と知り合う中で、労災など死ぬような目に遭っても泣き寝入りさせられる人、人身取引から逃がれられない人、病院に行く機会も与えられず出産する女性たちに出会いました。同時に、差別にあらがい、指紋押捺拒否をする在日韓国・朝鮮籍の高校生やお母さんたちに出会いました。
 これらの出会いを大切にしたいと思い、神奈川県で弁護士登録をすることを求め、当事務所に入所しました。
 その後四半世紀が過ぎ、自分が弁護士登録前に生まれた子どもが親になり、2世、3世の抱える困難を追体験しています。
 一人一人の人の努力が報われるように、いわれのない差別によって子どもたちの成長の芽がつぶされないように、非力ではありますが、力を尽くしたいと思います。

コラムなど

『子どものための面会交流』

『日本にいては、いけないの?』<シリーズ第3回>「定住への道」

『日本にいては、いけないの?』<シリーズ第2回>「週28時間以内しか働けない」

『日本にいては、いけないの?』<シリーズ第1回>「就職したのに働けない?」

『八百屋お七』

『岩高130周年 私たちの青春録 進路変えたベトナム戦争』

【毎日新聞山口東版2010年5月13日付】

このページのTOPへ

弁護士 芳野 直子(よしの なおこ)

略歴

静岡県立沼津東高等学校卒業
静岡大学人文学部法学科卒業
1991年 弁護士登録

諸団体の活動

(弁護士会)
2006年度 神奈川県弁護士会副会長
2008年~2012年度 神奈川県弁護士会消費者問題対策委員会委員長
消費者問題対策委員会・情報問題対策委員会・広報推進委員会・法曹人口問題特別委員会 等 歴任

(行政・大学等)
横浜国立大学法科大学院非常勤講師(実務消費者法)
神奈川県消費者被害救済委員
逗子市情報公開審査委員、同個人情報保護委員
平塚市消費生活アドバイザー 等 歴任
NPO法人消費者支援かながわ理事

ひとこと

 私は、バブル崩壊の年に弁護士登録をしました。証券不祥事に端を発して、様々な投資被害が発覚し、被害者からの相談電話が鳴りやまない中での弁護士人生のスタートでした。そして、多くの消費者が、専門家であると信頼していた証券会社・銀行・保険会社などに、リスクの十分な説明等をうけないままに大切なお金を預けて、それを失いました。その後の日本は、「失われた○○年」と言われる長く続く不況の中、消費者被害は多様化し、そして深刻化しました。
 被害救済のために進み続けてあっというまに20年を超えましたが、その時代時代の被害と向き合う中で、世の中のバランスが失われ、問題を抱えると、そのツケは、力のない一般個人にいつも回されるという実感を強く感じます。
 事実と真摯に向き合い、少しでも多くの人の救済を助けることのできる弁護士で有り続けたいと思っています。

趣味

愛犬と、散歩。

コラムなど

紙面拝見『働き方の抜本改革を』

紙面拝見『横浜の個性を生かせ』

紙面拝見『高齢者守るルールを』

『番号法、マイナンバー制度について』

『「特定非営利法人 消費者支援かながわ」が発足しました。』

『「高齢社会の消費者トラブル」(日本加除出版)が出版されました。』

『最近の消費者被害』

このページのTOPへ

弁護士 杉本  朗(すぎもと あきら)

略歴

1988年 早稲田大学大学院法学研究科修士課程修了(民法専修)
1993年 司法研修所修了(45期)
     弁護士登録

弁護士会・団体の活動

2001年~2015年、2017年~ 神奈川県弁護士会民事裁判手続運用委員会(委員長)
2006年~2012年、2016年~ 神奈川県弁護士会調査室嘱託
2012年~2014年 神奈川県弁護士会十県会夏期研究会準備委員会(副委員長)
2006年~ 日弁連弁護士会照会制度委員会
2001年~2003年 青年法律家協会弁護士学者合同部会副議長
2003年~2006年 青年法律家協会弁護士学者合同部会事務局長
2003年~2005年 青年法律家協会神奈川支部議長
2007年~2010年 自由法曹団神奈川支部事務局長
2009年~2011年 自由法曹団事務局長
2011年~ 自由法曹団神奈川支部幹事長
2016年~ ヒューマンライツ・ナウ(HRN)事務局次長

ひとこと

 基本的には、勝つべき事件にきちんと勝ち、負けるべき事件においては、きれいに負けるべきだと思っています。負け筋を裏技を使って、引っ繰り返すというの は趣味ではありません。そんな裏技を使えるほど実力もありませんし、フェアに行動することこそ、結果的には依頼された方の利益の極大化につながると思って います

コラムなど

『レッツ・シー・アクション』

『リスペクタブル』

このページのTOPへ

弁護士 井上  啓(いのうえ はじめ)

略歴

千葉県出身
船橋市立船橋高等学校卒業
早稲田大学法学部卒業
1995年 弁護士登録

諸団体の活動

神奈川紛争調整委員会あっせん委員
日本労働弁護団常任幹事
神奈川労働相談ネットワーク事務局長

ひとこと

 学生時代は野球部でキャッチャー、大学に入ってから山登りを始めました。
 司法修習生の頃は、山形修習で月山・鳥海山など東北の山々に親しみ、山スキーもたしなみました。
 弁護士になってからは、少年事件や労働事件や離婚事件などの個別の事件を手がける中で、事件のもつ意味やそれぞれの人生について、ともに悩みつつ考える日々です。現行の法制度には限界があることも多いのですが、それでも泣き寝入りしないで闘うという当事者の姿が大好きで、こちらも勇気づけられます。苦しくてもともにがんばりましょう。
 2015年で20年になりましたが、初心に戻って、コツコツと働く所存です。

コラムなど

『神奈川生存権裁判』

『軍都広島にて』

『労働委員会を利用しよう』

このページのTOPへ

弁護士 佐藤 正知(さとう まさとも)

略歴

山形県出身
神奈川県立柏陽高等学校卒業
中央大学法学部法律学科卒業
2001年 弁護士登録

諸団体の活動

2017年度 神奈川県弁護士会副会長
日本弁護士連合会労働法制委員会委員
日本労働弁護団常任幹事
神奈川過労死対策弁護団事務局長 等

著作・論文等

「知ろう!使おう!労働契約法」(共著・日本労働弁護団)
「労働相談実践マニュアルVer.6」(共著・日本労働弁護団)他

ひとこと

 高校時代は、ワンダーフォーゲル部に所属し山に登っていました。
 大学時代に、角田邦重教授(当時)の労働法ゼミに所属し、労働弁護士を目指すようになりました。
 弁護士登録後は、神奈川労働弁護団事務局長、日本労働弁護団事務局次長、日本労働弁護団関東ブロック事務局長等を務め、労働法制の立法課題についても取り組んできました。
 真面目に働いてきた人が酷い仕打ちを受けたときに一矢報いる手助けができればと思っています。
 もちろん、労働事件以外にも取り組んでいます。

コラムなど

『「規制緩和」の正体』

【働く人の法律相談】
『内々定で入社承諾書、後の就活は?』【朝日新聞2012年1月23日付】
『働く人の法律相談 高額機器壊したときの賠償責任は?』【朝日新聞2012年1月16日付】
『内々定、取り消しは違法?』【朝日新聞2011年2月28日付】
『英語の社内公用化に不安』【朝日新聞2011年2月21日付】
『休日と休暇の違いは』【朝日新聞2010年10月4日付】
『出張経費いつまで請求できる?』【朝日新聞2010年9月27日付】
『喫煙タイムは休憩時間?』【朝日新聞2010年4月26日付】
『年休、今月二つの制度変更』【朝日新聞2010年4月19日付】

このページのTOPへ

弁護士 太田 伊早子(おおた いさこ)

略歴

2008年 慶應義塾大学大学院法務研究科卒業 (法務博士 【専門職】)
2008年 司法試験合格
2009年 弁護士登録

弁護士会、委員会等

神奈川県弁護士会消費者問題対策委員会委員
関弁連消費者問題対策委員会委員
神奈川県弁護士会憲法問題対策本部

自己紹介

 いま、多くの人が明るい未来を描くことができず、息をひそめて生きている、そんな閉塞感を覚えつつ生活している気がします。でも、こんな時代だからこそ一人一人夢を抱き、自尊心をもち、社会の中にあたたかいつながりをもって生きているという実感をもつことが大切なのだと思っています。
 そのために、ときには勇気をもって立ち上がらなければならないこともあるはずです。立ち上がろうとするその時に、寄り添い、しっかりと手助けできる弁護士でありたいと考えています。

コラムなど

『復活憲法劇』

『少年事件に取り組んで』

『髙木証券不動産投資ファンド(レジデンシャル・ワンシリーズ)被害救済事件』

このページのTOPへ

弁護士 向川 純平(むかいがわ じゅんぺい)

略歴

川崎で生まれ育つ
2006年 京都大学法学部卒
2009年 神奈川大学法科大学院卒
2010年 司法修習修了
2010年 弁護士登録

諸団体の活動

特定非営利活動法人福祉オンブズパーソン・Yokohama-net理事長
神奈川県弁護士会高齢者・障害者の権利に関する委員会委員
日本弁護士連合会人権擁護委員会障害のある人に対する差別を禁止する法律に関する特別部会特別委嘱委員
NPO法人成年後見センターかけはし第三者評価委員

著作・論文等

「福祉の現場にも、ディーセント・ワークを」(日本知的障害者福祉協会さぽーと686号)
「障がい者差別よ、さようなら! ケーススタディ障がいと人権2」(共著 生活書院)
「Q&A 高齢社会の消費者トラブル」(共著 日本加除出版)
「詳説 障害者雇用促進法」(執筆分担 弘文堂)
「Q&A 障害者差別解消法」(執筆分担 生活書院)

ひとこと

 理不尽な力関係や,もっともらしい因習に押さえつけられ,泣き寝入りをしてしまっている依頼者に寄り添い,法の支配に基づいた解決方法を一緒に考え,適正な結果を導くことが弁護士の仕事と考えております。
 依頼してくださった方のためにどれだけ頭を使えるか、体を動かせるか。このことを考えながら事件に取り組んでいます。

趣味

 中学から高校まではオーボエを吹き、大学ではマンドリンを弾いていました。スポットライトを浴びながら、楽器を皆で演奏して一つの交響曲を創り上げる瞬間は何においても代え難いものがあります。

コラムなど

『人口減少社会』

このページのTOPへ

弁護士 北川 沙織(きたがわ さおり)

略歴

東京都葛飾区出身
東京大学法科大学院卒業
2012年 弁護士登録

諸団体の活動

神奈川県弁護士会消費者問題対策委員会委員
神奈川県弁護士会貧困問題対策本部委員

著作・論文等

「Q&A 高齢社会の消費者トラブル」(共著 日本加除出版)

ひとこと

 私は、東京都葛飾区の下町で生まれ育ちました。下町には様々な人々が暮らしており、繰り広げられる人間模様の中には、生活や仕事での苦労も少なくありませんでした。そのような状況を目の当たりにするうちに、身の回りで普通に生活している人が、当たり前の幸せを感じることができるための手伝いをしたいと思い、弁護士を志しました。
 当事者の話をよく聞き、一緒に解決への道を一歩一歩あゆんでいく姿勢を忘れずに、困ったこときにはまず相談してみようと思っていただける弁護士でありたいと考えています。

このページのTOPへ

弁護士 笠置 裕亮(かさぎ ゆうすけ)

略歴

2005年 私立開成高校卒
2010年 東京大学法学部卒
2012年 東京大学法科大学院既修者コース卒
  同年 司法試験合格
2013年 弁護士登録(66期)

諸団体の活動

新外交イニシアチブ(http://www.nd-initiative.org/)研究員
日本労働法学会会員
神奈川過労死対策弁護団事務局次長
日本労働弁護団常任幹事
日本労働弁護団事務局次長

著作・論文等

「労働時間規制と過労死」(労働法律旬報1831・32号61頁、川人博弁護士と共著)

自己紹介

 大きな組織の利益のために、切り捨てられ、押し潰されてしまう人たちがいる。そのような立場に置かれてしまった方たちのために汗を流せる仕事ってなんだろう。そんな思いから、悩み迷いながらも、弁護士という職業を選びました。
 人との出会いは、人を変えていく大きな力になります。
 私を変えてくれた多くの出会いと同じように、依頼者の方々に良い出会いであったと感じていただける弁護士でありたいと思っています。

好きな映画
「7月4日に生まれて」
「天と地」
「アメリカン・グラフティ」
「イージーライダー」
「日本の夜と霧」…etc

好きな小説
「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」
「赤頭巾ちゃん気をつけて」
「草の花」
「贈る言葉」
「されどわれらが日々―」
「見るまえに跳べ」
「道頓堀川」
「キャッチャー・イン・ザ・ライ」
「ナイン・ストーリーズ」…etc

コラムなど

『安保法制の問題点』

ブラックバイト事例と対策 2『授業後の掃除 ただ働き』【朝日新聞 2015年7月10日付】

『新外交イニシアティブ編「虚像の抑止力」(旬報社、2014年)について』

『残業代ゼロ法案、本当に必要ですか?』

このページのTOPへ

弁護士 藤塚 雄大(ふじつか たけひろ)

略歴

神奈川県藤沢市生まれ、辻堂で育つ
鳴門市立鳴門西小学校(徳島県)
藤沢市立八松小学校卒業
藤沢市立明治中学校卒業
神奈川県立湘南高等学校卒業
早稲田大学法学部卒業
早稲田大学大学院法務研究科修了
2015年 弁護士登録

諸団体の活動

新外交イニシアチブ(http://www.nd-initiative.org/)研究員

著作・論文等

「アメリカは日本の原子力政策をどうみているか」(執筆分担 岩波ブックレット)

その他の活動

R-1ぐらんぷり2017 二回戦進出

ひとこと

 湘南の海のそばで育ち、サッカー漬けの青春を過ごしました。
 大学時代は寄席演芸研究会にてピン芸人として活動し、仲間とともにライブを開催したり地方の病院への慰問を行ったりしていました。
サッカーで培った根性とお笑いで培った発想力を活かし、トラブルに苦しむ方々が晴れ晴れと過ごせるよう、もてる力の全てを注いでいきたいと思います。
 ぜひなんなりとお悩みをお聞かせください。

このページのTOPへ

弁護士 相曽 真知子(あいそ まちこ)

略歴

静岡県焼津市出身
2011年 静岡大学人文学部法学科中退
2014年 名古屋大学法科大学院卒業
2014年 司法試験合格
2015年 弁護士登録

諸団体の活動

日本弁護士連合会貧困問題対策本部幹事
国際法律家協会会員
特定非営利活動法人福祉オンブズパーソン・Yokohama-net会員

ひとこと

 新しいことを始めるのは、気力も体力も、そして、何より勇気がいることです。
 私も新しいことを始めるときには、臆病になり、やめてしまおうと思うことが何度もあります。しかし、それでも勇気を振り絞って一歩踏み出さなければならない、そんなときがきっと誰にでもあると思います。
 皆さんが、新しい一歩を踏み出そうとするとき、近くで寄り添い、そっと支えられるような弁護士でありたいと思っています。

趣味

旅行、マラソン、登山、サーフィン

このページのTOPへ

はじめての方へ

 横浜法律事務所は、1963年6月に設立され、今年で54年を迎えます。現在、13名の弁護士が所属しています。
 弁護士の役割も多様化している現代、所員が取り扱う分野も多岐にわたっています。
 時代は移り変わりますが、私たちは、昔も今も、真摯に事件に向き合いながら、歩んでいます。
 どうぞお気軽にご相談ください。