個人情報保護方針、利用規定、免責事項

 横浜法律事務所(以下「当事務所」といいます。)は、以下の方針に基づき、依頼者その他の方の個人情報(生存する個人に関する情報であり、特定の個人を識別することができるものを言います)を取り扱います。

1. 関係法令等の遵守

 当事務所は、個人情報の取扱いにつき、個人情報保護法その他関係法令を遵守いたします。

このページのTOPへ

2. 個人情報の取得

 当事務所は、下記の目的で必要な個人情報を取得することがあります。

  • 弁護士業務及びその付随業務
  • その他当事務所が提供するリーガルサービスのために必要な個人情報

このページのTOPへ

3. 個人情報の利用目的

 当事務所は、収集した個人情報を、下記の目的達成に必要な範囲内で利用し、その他の目的には利用いたしません。

  • 当事務所が提供するリーガルサービスの遂行
  • 当事務所のリーガルサービスに関する情報提供
  • 当事務所の挨拶状、セミナー、集会等の案内、ニュースレター等の送付
  • その他法律事務所の業務の適切かつ円滑な遂行

このページのTOPへ

4. 個人情報の管理

 当事務所は、個人情報を正確かつ最新の内容に保つよう努めます。個人情報の漏えい、滅失または毀損を防止するため、必要な措置を講じ、個人情報を適切に管理いたします。

このページのTOPへ

5. 個人情報の第三者への提供

 当事務所は、ご本人からの事前の同意がある場合を除き、個人情報を第三者に提供することはありません。

  • 法令に基づく場合
  • 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である場合
  • 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である場合
  • 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
  • その他個人情報保護法により提供が認められている場合

このページのTOPへ

6. 個人情報の開示、訂正等のご請求

 当事務所は、個人情報保護法に基づき、当事務所の保有する個人情報に関して、個人情報から特定されるご本人からの開示・訂正等につきましては、当事務所までお問い合わせ下さい。

このページのTOPへ

はじめての方へ

 横浜法律事務所は、1963年6月に設立され、今年で54年を迎えます。現在、13名の弁護士が所属しています。
 弁護士の役割も多様化している現代、所員が取り扱う分野も多岐にわたっています。
 時代は移り変わりますが、私たちは、昔も今も、真摯に事件に向き合いながら、歩んでいます。
 どうぞお気軽にご相談ください。